サービスの特徴

イメージコンサルタントが

能力・魅力を「可視化」します

VIP一流メゾンに認められた確かな技術

創業時から、経営者・専門家のパーソナルブランディングを支援し、お客様の価値観、幸福観、資質、個性や本質、ビジネスにおける環境や関係性に至るまでを大切にして参りました。私たちの最大の強みは、鋭い洞察力でお客様のポテンシャルを引き出し、目的達成を加速させることです。

経営者のイメージは業績に連動します

経営者やキーパーソンのイメージは眠れる資産です。イメージ向上に伴い得られるメリットは認知度の向上や時代のトレンドに乗ることもできその効果は計り知れません。また、投資家、取引先、顧客、リクルーターとの強固な関係を築くイメージ戦略が益々求められています。

イメージコンサルティングの更なる高みへ

アピアランス(人の見た目)だけでは無く、人材育成、サービスや商品の品質・検討・評価、クリエイティブデザイン、WEBサイトなどのPRツールまでワンストップでコンサルティングを提供するブランディングに圧倒的な強みがあります。

上場企業の輩出実績

企業向けイメージコンサルティングでは、数々の新規上場企業を輩出、上場企業の事業承継、新規事業の立ち上げ、第二創業期のリブランディング、企業アドバイザリーとしての経験も豊富です。

創業から14年、今も創業時のお客様に支えられています

VIP・経営者・専門家など、創業時からのお客様は現在まで継続契約を頂いています。私たちは、この事実が最大の品質証明であると考え、感謝と誇りを持って、常に期待を超え続けます。

返金保証

万全を期しておりますが、もしお客様が満足されない場合は、返金対象プログラムに基づいて、コンサルティング料金を返金させて頂きます。

98.8%の高リピート率、年間契約14年の実績を誇る

イメージコンサルタントの技術

独自のポジショニングを築くことができます

私たちのイメージコンサルティングは、人と企業をブランドとして昇華させます。真っ先に浮かぶポジションを獲得し、その道のパイオニア独自のポジショニングを築くことができるため、他の追随に影響を受けることが無く、価格競争に呑まれることもありません。

瞬時で信頼を勝ち得ることができます

ITの進化と共に、ビジネスのスピードがまずます加速し、良くも悪くも短期間で人・サービス・製品が評価される時代となりましたが、効果的に自身やあなたのビジネスを伝えることができ、信頼を勝ち得ることができます。

経営者・キーパーソン自身を強力な「メディア」に変え、ビジネス機会が増大します

経営者やキーパーソンの魅力・能力を視覚化することで強力なメディアに変えます。これにより合理的な広報活動が行え、少ない投資で大きなリターンが得られます。

有益な人を惹きつけます

印象力の強化で、ビジネスの成長やあなたの人生にとって有益な人を惹きつけることができます。

イメージコントロールが自由自在になります

認知度、知名度をUPするには、一貫した方向性でイメージ訴求をしてゆくことが求められますが、メディアの特性やTPOに合わせたイメージコントロールテクニックが身につき、目的に合わせて効果的にご自身やご自身のビジネスを魅せることができます。

収益増加・プレステージが強化されます

上述の内容から、資金、人材を担保することができ、収益増加につながるだけでなく、経営者やキーパーソンのライフスタイルの向上やプレステージを強化します。


イメージコンサルタントとは

イメージコンサルタントとは、イメージ形成につながる要素であるコミュニケーションメッセージを理論に基づき分析し、一貫した方向性でイメージを構築する専門家です。
イメージコンサルタントは、一般個人のみならず、企業のエグゼクティブ層も対象顧客に含まれます。
アメリカでは、「よい医者、よい弁護士、そしてよいイメージコンサルタントがいること」が、エグゼクティブの条件といわれ、ステイタスとされています。

イメージコンサルティングの
ノウハウは海外から

至上稀に見る大接戦となったケネディとニクソンの大統領戦。それまでメディアの中心はラジオや新聞でしたが、テレビ時代の到来と共に選挙戦は見た目重視に。
ケネディ陣営は見た目による人に与える影響を考え、「誠実」・「冷静」・「信頼感」をイメージする紺色のスーツに「清潔」・「永遠」というイメージの白シャツ、そして、「情熱的」な赤いネクタイ。
ベテランニクソンに対して若いケネディは視聴者に対して信頼感と強烈なリーダーシップを視覚的にアピールし、成功したとも言われ、戦略に関ったイメージコンサルタントの地位が確立されて行きました。

アメリカでは、見た目を戦略的に引用するのは政治家に限らず、ビジネスパーソンにも一般的で、“DRESS for SUCCESS”と企業研修などでも頻繁に引用されます。

CONTACT

お問合せはこちらから

error: Content is protected !!