外見作りとは、マーケティング戦略

街行くビジネスパーソンの装い。きちんと着こなせているのは全体の何パーセントと思われますか?

私は、全体の10%程だと思っています。とある有名なファッション評論家も同じように述べていらっしゃいました。たった1割。ですが、別に驚くデータでも無く、ここにも9対1の法則が当てはまっているだけです。1割はリーダーでビジネスのイニシアチブを取り、社会的に大きな影響がある。1割は自由に生き、残る9割には自由が無い。

見た目がパフォーマンスに影響すると認識している人は、装いを通じ行動が変わる。それ故に、人生やビジネス上の成功体験も増え、益々好循環を獲得する。「人は見た目で判断できない」という声もあるかと思います。もちろん、人は中身が一番大事です。ですが、見た目をお店に例えると、どのような業種なのか、他との違い、清潔感、時代との調和などが明確であれば、間違いなくそのお店は流行ります。

要は、外見作りとは、マーケティング戦略の一つなのです。私たちは、常に情報に視覚を奪われ続けています。だからこそ、短時間に自分をわかりやすく語るスキルが求められるのです。